京まち模様〜新聞コラム〜 その2 の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eyecatch_newspaper_column

2004年に僕が書いた新聞コラムを紹介する企画。第1回は地域の銭湯をネタにした「今も住民交流が図られる銭湯」でした。2回目となる今回は京都のラーメンをテーマにした記事です。11年も前の記事ですが興味のある方は読んで下さい。


スポンサーリンク

新・京まち模様

濃厚さ魅力のラーメン激戦区

滋賀に住んでいる私はこれまで、「京都の料理派すべてが薄味」と思い込んでいた。しかし、その認識を覆したのは、学生時代に食べた一杯のラーメンだった。

当時、よく友人と木屋町へ遊びに行っていた私は、帰りの道中に、北白川にあるラーメン屋に寄った。「こってり」で有名な店だと後からわかったのだが、麺と一緒にスープまで持ち上がるほどドロッとしたラーメンに、正直とまどった。おそるおそる口に入れてみると、コクがあるのに意外としつこくない。そのまろやかな味にすぐ虜になった。店を出ると、「京都のラーメンって、実は濃厚?」という疑問が生じ、他店の味も確かめようと日々食べ歩いた。

その結果、気付いたことがある。京都ラーメンとは、「豚の背脂系」「濃厚しょうゆ系」「こってりとろみ系」と三系統に大別できると言うことだ。京都は一般的に「ダシは薄味」で知られているが、ラーメンに関しては濃厚な味が定着している。もちろん、うどんのようにスープが透き通っていて、あっさりしているものもある。しかし、それは京都をイメージして味付けされたラーメンであって京都系ラーメンではない。京都系=濃厚なラーメンといえるだろう。

そんな京都にも近ごろ、全国各地のチェーン店が台頭してきた。トンコツで有名な博多系ラーメンに、みそを使う北海道ラーメンなど、各地方の自慢の味が出そろってきている。さらに、京都駅ビルには『拉麺小路』という全国のえりすぐりを集めたテーマパークもオープン。京都系ラーメンに加えて、ご当地ラーメンも注目されている。

次々と新しいラーメン店が登場する京都。人気の店には必ずと言っていいほど行列ができている。今まで通り濃厚な京都系を楽しむか、各地の味に挑戦してみるか。いずれにしても、選択肢が多いことは良いことだと思う。今の京都はラーメン好きにはたまらない状況なのである。


記事は2004年4月30日のものです。
店舗などの情報は大幅に変更している場合がありますので注意して下さい。

scan_京都新聞コラム20040430

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加