HHKBでDTP | 外付テンキーを左側に配置して、キーボードを体の中央に寄せるの巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hhkb_pro2_us

前回、コンパクトなキーボード FKB-8811の記事を書きました。キーボードの大きさや配列によって、生産性や疲労度に影響を及ぼしますので、よ〜く検討したいところ。

僕はカーソルキーエリアを省略した、富士通のコンパクトキーボードFKB-8811で快適に作業できるようになりましたよ。

ところが! たった1つのことで乗り換えることを決意したのです。

スポンサーリンク

修飾キーの大きさが納得いかない!

MacでWindowsのキーボードを使う

MacでWindowsのキーボードを使うことは可能です。注意するべきところは修飾キー。WindowsのAltキーがMacのOptionキーとなり、WindowsのWinキーがMacのコマンドキーになり、左右がてれこになっています。

システム環境設定/キーボードより、修飾キーの入れ替えができるので、必ず設定しましょう。

capture_2015-02-20_6_36_37

FKB-8811は修飾キーまわりが特殊?

修飾キー入れ替えによって、WindowsキーボードをMacライクに使えるようになりました。これだけでも十分なのですが、たった1つ、気になるところが出てきたのです。それは、修飾キーのサイズ。

コンパクトなサイズなのにテンキーとカーソルキーを無理矢理?入れているので、修飾キーの大きさが微妙なのですよ。Fnキーを押し込んでいるからかもしれません。理由は不明ですが、とにかく、修飾キーまわりで誤爆してしまいます。Cmd+Sで文書を保存しようと思ったら、Option+Sになっていたり。CmdとOptionキーを入力しようと思ったら、OptionキーとFnキーを押していたり。

キーボード自体は優秀なんですが、修飾キーの入力のしにくさでストレスがたまります。「慣れたら大丈夫だろ!」としばらく使っていましたが、一向に慣れないため、次なるキーボードを探す旅へ出かけました。

FKB8811-662_01

※上記の例ではAltキーをCmdキーに、WinキーをOptionキーに入れ替えています。

修飾キーまわりは純正が一番だけど…

ほんの少し、Cmdキーが大きいだけでいいのですが、あまりありませんね。
やはり純正が一番? いえ、そんなことでもなさそうです。
  1. テンキー付きだとマウスのスペースがありません。
  2. JISキーボードの修飾キーはなぜか左によっていて押しにくいです。apple-keyboards-JIS-thumb-680x464-998

テンキーレスの純正ワイヤレスキーボード?

マウスのスペースを確保するなら、テンキーレスのワイヤレスキーボード。修飾キーまわりも問題ありません。が、Bluetoothのキーボードはあまりよい印象がないんです。とつぜん接続が切れてしまわないか、電池はもつのか…。FKB-8811のふかふかしたキータッチがよかったので、ペチペチした打鍵感の薄型キーボードにするのもどうだろ? と思い、本命ではなく予備候補に。これはこれでよいキーボードなんですがね。
newimac_bluetooth

マウスの操作がしやすいコンパクトな幅で、コマンドキーが大きくて、修飾キーが押しやすくて、「A」の横がコントロールキーで…。リサーチした結果、自分の希望に応えてくれるキーボードがたった1つありました。

ついに見つけた理想のキーボード

コンパクトな幅にもかかわらず19mmの標準的なキーピッチ、適度なキーストローク、大きいコマンドキー、Enter/Returnが押しやすいUS配列。そんな条件を満たしてくれるのは、PFUのHappy Hacking Keyboard、通称HHKBだけでした。

hhkb_pro2_us

HHKBは廉価版とプロ版、静音版の3種類あり

独特な小型スタイルのキーボードHHKBは、色・キー配列を除いて、3種類のタイプから選べます。
1つは独立したカーソルキーを追加したメンブレインのキーボード「Lite2」
もう1つは、静電容量無接点方式を採用したプロフェッショナル版の「Professional 2」
残りは、静音性を高めた高級モデルの「Professional Type-S」

この中より、僕はProfessional 2を選択。実は昔から憧れていたのですよ、HHKBに。ムダをそぎ落としたフォルムは、プロが使うのにふさわしいのだと。非常に高級なキーボードですが、アマゾンで2万を切っていたこともあり、ポチッとしました。

キー配列が独特

ほかのキーボードと配列が違います。JISともUSとも違う独特な配列で、エスケープキーが「1」の横、コントロールキーが「A」の横、Deleteキーが「Enter/Return」の上にあります。ファンクションキーやPage Up/Page Downキーなどの特殊キーはすべて、右端のFnキーとの同時押しで入力できます。これは、不要なキーを排除し、ホームポジションから指を離すことなくタイピングできるようにと、東京大学の和田名誉教授により生み出された配列なのだそうです。

若干の慣れが必要とはいえ、ホームポジションから離れることなくエスケープキーやDeleteキーが入力できるのは便利!  しかも幅が294mmしかない超小型なので、マウスを操作するスペースが広いこと広いこと。キーボードの真横に置けるので、右手がキーボードからマウス、マウスからキーボードへと、姿勢や肩幅を変えることなく、すーっと移動できます。

長年のロングセラー

初代は1996年に生まれたので、実に20年近く市場に出ています。これって意外と重要で、もし壊れてしまってもまったく一緒のモデル(もしくはそれに近いもの)が購入できるのは、仕事で使う人にとってありがたいのです。静電容量無接点方式は機械接点をもたない構造のため、他キーボードより耐久性が優れているのもポイント。

キーボードにしてはけっこうなお値段ですが、3,000円くらいのキーボードを1年ごと買い直すより、これ1台あれば十分。10年ぐらい長持ちしそうです。

作業効率を向上させるHHKB

無駄を省いた超コンパクトなキーボードHHKB。導入すれば机の上が確実に広くなりますし、コトコトと響く上質のタイピング音も心地よく、作業に長時間集中できますよ。

管理人の言いたいこと

使えば使うほどに体になじんでくるHappy Hacking Keyboard。入力デバイスはいろいろ使って、自分好みの1台を探すのがいいでしょう。ちなみにテンキーは…? 外付けテンキーを購入して、左側に配置しました。これならマウスのスペースを妨げることはありません。
 キーボードの位置-06
 (補足)会社で使う(持ち込む)キーボードとして購入しましたが、使い心地がよく、自宅でも購入することにしました。自宅用はヤフオクで。1万円で落とせたので、非常にラッキーでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加