InDesign 環境設定で動作を軽くするの巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1421092600_featured.jpeg

Illustratorに比べて軽快に動かすことができるInDesign。しかし、10ページ以上にしたり、画像をたくさんレイアウトしたりすると、どうしても重たくなってしまいます。
InDesignをサクサク動かすために設定を変更しましょう。

スポンサーリンク

表示画質

1.デフォルト表示を「一般表示」に

標準のビューモードですが、「一般表示」のアンチエイリアスをオフに。若干文字のジャギーが目立ちますが、これだけでもInDesignが軽くなります。

2.文字修正だけのときは「高速表示」に

画像ボックスがグレーとなり、ドロップシャドウなどの透明効果の確認もできなくなりますが、もっとも動作が軽くなります。文字だけチェックしたいときにおすすめ。

その他設定

軽快に動かすには下記項目もチェック!

  • ライブプリフライトをオフにする
  • 使わないレイヤーを非表示または削除する
  • フォント管理ツールで必要なフォントのみアクティブにする
  • 使用しないパレットは閉じておく

管理人の言いたいこと

状況に合わせて表示画質を変更しましょう。ストレスのない作業環境なら、デザイン・文章の質を高められますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加